くーちゃん きーちゃん

いわゆる「アメスコ」2匹がいる暮らし

「散居村」ということばを知らない方が多いでしょうが 

DSC03153_2014092715162851c.jpg


富山県は、早い稲なら8月中に刈入りが始まりますから
岡山県に引越したら田植えが遅くて驚いたものです。

稲刈りが終わって、薄茶色になった田んぼが
再び青々としてくるのをご覧になったことがおありでしょうか。

「櫓(ひつじ)」とか稲の「ひこばえ」と呼びます。
再び発芽し、ひこばえで満ちた田んぼを
「櫓田(ひつじだ)」と呼び、俳句の季語となっています。

わたしは町なかに生まれ育ったので
三十代で夫の生家のある地に住むまでは
田んぼや畑を見たことがありませんでした。

田園地帯での暮らしは、良くも悪くも
カルチャーショックがありましたが
砺波平野の散居村を展望したときは
風景として「良かった」と思いました(笑)。


image.jpg
(夢の平スキー場からの散居村 とやま観光ナビよりお借りしました)



ブログランキング・にほんブログ村へ

thread: 風景写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurakiraminmin.blog93.fc2.com/tb.php/1784-46f351d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)