くーちゃん きーちゃん

いわゆる「アメスコ」2匹がいる暮らし

弁当箱の型に固まっていたぎゅうぎゅう詰めのご飯 


_DSC0006 (2)


今年は新米がおいしいそうです
梅雨が長くて8月が暑かったからでしたかね?
外はしっかり中はしっとり、なんて言ってましたよ

DSC02730_20141107182127c0a.jpg


今じゃご飯もそんなに食べなくなりました
でも
夫と次男は麺類をおかずにご飯食べるの好きで
麺類なければご飯をおかわりしている

わたし中学校から弁当持参だったんですが
学校に着いたらもうお腹が空いてて

ご飯多めに、って母に頼んだら
四角いアルマイト?の弁当箱の
おかずの仕切りを外して、ガンガンに
ギュウギュウにご飯を詰めてくれて

箸でご飯をつまむと、弁当箱の型に
固まったご飯が持ち上がってきましたっけ

冷えたご飯も美味しいのです

 ブログランキング・にほんブログ村へ  

thread: 今日のつぶやき。 | janre: 日記 |  trackback: -- | comment: -- | edit

感情移入とか共感力とか。だからつらい。 

20201020160526e83.jpeg


若い頃に、その人も若かったけど
人のお腹を切って手術するとか、血を見るのなんて
平気だから医者になろうかな、
なんて言う人がいたのです(勉強できたのですね)

わたしは痛いつらいって苦しむて人を見るのは
自分もつらい とりわけ身近な人や親族の介護も
気持ちが入り過ぎてそういう系の職業ダメだわ
って言って

で、その「平気」な人って自分は冷静な、
理性的な人間と思っていた、らしい

一方、わたしなんかは感情的感傷的な人間
というくくりにしていた、と思える

時たって、今ならね なんとなく
前者の「理性的」と思っていた人
同情心に乏しく、感情移入がとてもヘタという
ことだったんじゃないかっって思うのですが


DSC_0211_20161026163629a80.jpg

 ブログランキング・にほんブログ村へ  



thread: 今日のつぶやき。 | janre: 日記 |  trackback: -- | comment: -- | edit

財産目録を作っておこう、特に預貯金の 

20201019143900cdc.jpeg


冬に向かい、愛するくーちゃん、きーちゃんの
寝床を整えました 写真映えの悪い でも猫たちの
好きな黒い花柄毛布登場です


202010191439241be.jpeg


さて さて
自分の親がそういう点ではあやふやにして亡くなったので
その前の代もきちんとせずにいたので、反面教師たちから
教訓を学びました
教訓だけですよ

教訓は「頭のしっかりしているうちにちゃんとしておく」笑
教訓は学んでも、実際何をどのようにしておくべきなのか
今勉強中です

もっと前に正確な知識があれば
親の元気なうちにアドバイスも出来たのかな
うーん きょうだいがいるとね、、、


 ブログランキング・にほんブログ村へ  

thread: 今日のつぶやき。 | janre: 日記 |  trackback: -- | comment: -- | edit